行く道来る道


by mugeroma

⑫月ももう近いな。今日はJOJOについて。

トユメです。

殻中ひよこが愛書として崇拝するJOJOの奇妙な冒険。
私がJOJOの奇妙な冒険に踏み込んだのは5年ほど前、殻半ひよこ氏の薦めで彼に貸してもらったことにはじまる。それまではJOJOに、あの独特の絵から"怖い"という先入観があり、遠くから見る感じだった。まぁ、DIOはよくネタとしてネットの中の人も使っていたので、第3部は断片的に知っていた。
そして1部から5部に至るまでを読んだ訳だが、特に私の好きなのは第4部。いや、第4部以外には興味がないと言って良いほどJOJO第4部が好きである。(ファッションセンス的には第5部をリスペクトするのだが)
第4部は、いい意味でストーリーが最も小さく、まとまりがある。JOJOの奇妙な"冒険"なのに、地理的な意味での"冒険"が全くない。小さな町で話が展開される。何ともストーリーに生活観があり、一度敵として登場した人物が話の中で何度も登場する辺りも素敵だ。架空の町である杜王町の各名所が実際に見てきたように描かれるのも面白い。なんとも面白いところだらけの第4部。JOJOを読んだことがない、スタンドっていまいちよくわからないという方にもお勧めのJOJOの奇妙な冒険第4部である。
[PR]
by mugeroma | 2004-11-21 00:01