行く道来る道


by mugeroma

ついに公開。(ひよこ)

b0023833_20425648.jpg


すいませんウソですごめんなさい。
そんなの作っちゃおりません。応募小説で手一杯です。ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい……。
[PR]
# by mugeroma | 2005-01-27 20:41 | 日記

秋葉の中心で

先日、探偵ファイルさんで見たこの記事が妙に好きで、
何度見ても笑ってしまいます。
何でこんなおもろいんやろ。
[PR]
# by mugeroma | 2005-01-27 15:49

恐ろしいもの トユメ

恐ろしいものとは何か

私が一番恐れるのは、何かわからないもの。
相手の情報が全く分からないものが一番怖いのだ。
例えば、幽霊が何故怖いのか。相手が何者か全く分からないものであるから
相手の教養はどれほどか、力はどれほどか、肉親はいるのか、弱点は何か、地位はいかほどか。それらの情報がなければないほど恐ろしい。情報が無に等しいものほど恐ろしい。
疑心暗鬼という言葉があるが、脳の中に存在する恐怖が一番気持ちが悪いものである。

また、私の怖いもの、それは『仮面』である。
常に一定の表情を保っている仮面、それはその後ろに存在する顔の存在さえも忘れさせる。
相手が今、仮面の裏ではどのような表情をしてるのだろうか、こっちを笑っているのだろうか、泣いているのだろうか、ひょっとして怒っているのだろうか、なんてことは仮面を前にして考えることはない。ただ、仮面という存在を前にして、私は恐怖する。
この仮面という存在も、情報が伝わってこないほど恐ろしい。喋らないほど恐ろしいものとなる。

わからないが私は一番こわいことなんだ。
[PR]
# by mugeroma | 2005-01-22 21:01

キリのいい。(ひよこ)

キリ番(500)ゲットォーッ! 泣き。
どうも殻半です相変わらず相互リンク0件です。救いは何処に。


今週のデスノート。ネタバレですので相方を含む皆さん気をつけて。





もしかしたら火口っさんがもう少し暴れまくると思ったけど割合あっさり拘束されてちょっと安心。結局寿命半分=白バイ警官一人という図式。頑張れヨツバキラ。もう終わりですが。
局長と茂木さんのレム発見時のリアクションがバスジャック犯より凄くてえも言われぬ気分に。あと避けては通れないのがライトキラ復活について。「計画通り」の顔が、顔が……! おかえりなさい。実を言うと善人ライトも好きでした。善人ライトの時の記憶は受け継がれているっぽいんだけど、Lとの友情とか人殺しはダメ絶対とかだったのに、それさえ含めた上での「計画通り」。ああ。もしライトがデスノートを持つ事がなかったらデフォルトが善人キラで進んだんだろうなあ。多分その後キラ=デスノートの図式が明らかになったとしてもライトキラにはならないんだろうなあ。それじゃあいい話だよ。
でもまあ、ライトキラ大好きです。記憶を失う前よりもLの懐に入り込んでることがどう作用するのか。デスノートはライトかLのどっちが勝つか分からないのがいい。ひよことしてはライトが次のLになるのだと予想。無理か。


メフィストの奈須・綾辻対談を読む。
もっと自分も推理小説を読んだほうがいいなあ今書いてるんだしとか思ったり奈須さん後頭部に感激したり。メフィスト賞にもいつか応募してみたいです。でも推理じゃないと駄目かなあ。


ファウスト賞応募予定ニセ推理小説は多少滞り気味。だってトリックとか決めてないのだもの。それ以外は概ね決定してます。だがしかしキャラの名前が今だに一人未決定。メイドですがどうなのか。
[PR]
# by mugeroma | 2005-01-18 20:00 | 日記
Night&Dayのデザインを若干変更しましたー。大したことではないですが。あと誤植を少し手直し。やばいやばいあの人は三男じゃなくて次男だよ! 設定を大事にしようぜ殻半ひよこ。
[PR]
# by mugeroma | 2005-01-17 20:17
久しぶりに日曜ロードショーをぶっ通しで見ました。
「ジャッカル」
うーん、電話の相手はそうだったのか~。面白かったです。
何より役者が豪華でよかった

明日、殻半ひよこと一緒にまくとの日々のデザインを変更します。
[PR]
# by mugeroma | 2005-01-16 22:55
今まさに相方トユメは我ら共通の友人の散髪に大忙し。GHQ最高司令官みたいになってしまっているのですが、私にはどうすることもできません。ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい……。
ひよこです。殻半です。二人合わせて殻半ひよこです。ゆでたまごじゃないんだから!
今日は特に書くこともありませんよ残念ながら。なんかゆったりとした一日でして。でも上記のような面白い事態に遭遇したので此処にその証を残す。


恒例の小説報告。
睡眠過程の布団の中でアイディアが思いついたりして、眠気を吹っ切りながらパソコンを起動してメモ帳を開いたりするぐらいネタはある。ただ、推理部分がどうにもこうにもうまく考えつかねえよー。よくもまあ江戸川やらジッチャンの名にかける人は毎週ペースで思いつくものです。脱帽。大まかな展開のプロットは固まりつつあるよ。
締め切りまであと丁度一ヶ月。がんばれ自分。
[PR]
# by mugeroma | 2005-01-15 19:19 | 日記

のったりと。(ひよこ)

2005年も一月半ば、ひよこです。時間は僕らの背後を無自覚に通過する。
日記という場でやる事ではないかもしれませんが今回から新コーナー。新と書いてニューと読め。
その名もひよこネタからこんにちは。日頃から何かの拍子に書き溜めている殻半ひよこの台詞ネタをネタバレにならない程度に公開するっつうものです。
では第一回は第四回電撃hp短編小説賞、及びその改訂番を第十一回電撃小説大賞に応募して箸にも棒にも掛からず落選した第二リニューアル待ち作品、『物語売り Girl meet storyteller』から。

「悲しくて悲しくて、悲しみから逃げる為に色々なものに目を瞑るには――――世界は少し、綺麗過ぎますから。勿体無くて、出来ません」

もう半年ぐらい触れてなくてこの企画の為に久し振りに見直して作者としては懐かしいやら恥ずかしいやら。ううん、本当にちゃんとした形に完成させないと。あとに待つ続編のアイディアの為にも!


近況読書報告。スタジオDNAひぐらしアンソロを読む。自分はひぐらし男性陣が大好きなのですがあんまり出番がなくて少し寂しかったとかひねくれた感想。あと、やっぱり武梨えり先生はずば抜けて面白いなあ。ひぐらしの世界観を巧く使ったギャグ。難易度は劣りますが非常に悪質です。つくりものじ先生もよかったです。漫画というカタチで読むのは初めてだったんですが、合間合間に入ってくる絶妙な脱力絵に惚れる。それにしてもどうか、全作品総じて溢れる幸せ具合。前半テイストと言えばお解かりいただけるでしょうか。嗚呼、読めば読むほどひぐらし後半のアレな感じが思い出されてギギギギギー。狂イソウ。あと祟殺し編の物凄い悲壮さからかあのひとを救おうとするような話が自分視点で目立った。みんな幸せになりたいのさ。その一方月姫しかりFATEしかりひぐらししかり、報われない部分がある作品ほど愛されるのではないかと最近では思っています。保護欲? 違うか。


ひよこ作品近況。相も変わらずファウスト用のニセ推理を煮詰める。煮詰めながらああもっとページ数があればがーっと書けるのに! という変なフラストレィションを溜め込んでいます。こういう懸賞小説の類を執筆中何度そう思った事か。何をどれだけ書いてもいいのなら逆に執筆効率が上がるのではと夢想する。いっつも遠慮してるんですよ、あんまり一杯表現とか入れるとページ数がページ数がギギギギギーって。狂イ葬。一応少しずつは導入していってます。推理小説として固まってきてニセが取れるか取れないか境界がゆらゆらしてます。ともあれ、そろそろ人が、死ヌカモネ。キィヤァー。
電撃さん電話かメール待ってます。キィヤァー。


ああそういえばアーチャーには構造把握からなる開錠の技術があるって某紙に書いてあったよなとメモ帳代わりにここに記す。
[PR]
# by mugeroma | 2005-01-14 20:58
最近見た補聴器のCMでひぐらしのストーリーを決めた時の笑い声が流れてきて物凄いびくっとした。
新年あけまして殻半です。今年もむげろまをどうぞよろしく。トユメの兄貴はフラッシュを一作品でも上げてください。2005年の初っ端から身内ゲンカは駄目だひよこ。

HELLSING⑦を読む。
いやもうなんつうか脇キャラの使い方に感服。ベルナドット隊長最高。そしてセラスパワーアップ。自分通称黒セラス。
これに関しては語りたいことが多すぎる。若執事暴走マクスウェルデミテル号エトセトラエトセトラ。六巻を買って七巻を読んでない人は是非ともお急ぎを。激動です。
ああとにかく八巻が楽しみだー。次はまた年末でしょうけども! 一話の短さが面白いぐらいだからなのか。

電撃hp33号発売まで後一月ちょい。それまでに連絡はないものかと日々わくわくしながら過ごしているダメヒューマンな私。そんなひよこが現在取り組んでいるのは残念な事にうさかめウラではなく、電撃hpと同じく後一月ちょいに締め切りが迫る第三次ファウスト賞用の原稿。なんと初推理小説予定だとか。いやまあある種ニセ推理小説だと思いますが。注意書きとして以下を付けるか悩む日々。
この物語は推理小説ではありません。超常的な反則を除いた論理的な解決は含まれておりませんので、予めご了承ください。
ちなみにタイトルは『あなたの死体を待っている』(仮)。登場人物は八人、推理小説の王道館モノ。四百字詰め原稿用紙百二十枚に収まるか今から謎です。ネタだけは着々と凝固中。こっちもこっちで落ちたら公開。ほんことはどうなったのかなー。

あと、昨日やっと年賀状を知り合いに書きました。カラナカ、ベリィベリィスロウリィ。
[PR]
# by mugeroma | 2005-01-11 21:38

大変! トユメ

昨日、生まれて始めて、テレビで波田陽区さんを見ました
今更かよ!って感じなんですけど、テレビなど滅多に見ない性質でして、なかなか出会う機会がなかったのです(見るのはほとんど朝のニュース程度)

頭から"わたし●●で~す 言うじゃな~い 言うじゃな~い"が離れません
(●の部分は適当に変わる)

だれかとめてくれー

それから、一昨日はじめてマツケンサンバをはじめて見ました

ちょっと練習しちゃいました


何かとちょっと遅れているトユメでした
[PR]
# by mugeroma | 2005-01-06 01:51